Pocket

DIYが趣味という方だと自宅のリフォームなども自分で行っているでしょうし、エアコン取り付けにチャレンジしているという方もおられるのではないでしょうか。エアコン取り付けはそこまで難しいことではありませんから、専用のツールがあればあとはちょっとした知識で取り付けが可能です。

エアコンを取り付けるうえではいろいろな注意点もあるのですが、その一つに設置するときの高さが挙げられます。あまり高さには気を向けたことがなかった、という方もおられるでしょうが、高さ一つでエアコンの効きが左右されることもありますから注意が必要です。ここではエアコンを取り付ける際の高さという部分に焦点を当てたお話をしましょう。

基本は配管穴よりも上に設置

壁かけタイプのエアコンを設置するときには壁から配管を抜く必要があります。室内機と室外機を専用の配管で繋ぐ必要がありますから、そのためには壁に穴をあけてそこから配管を通す必要があるのです。エアコンの本体、室内機を設置するときにはこの配管要の穴よりも上になるよう設置することが基本となりますから覚えておきましょう

どうして配管穴よりも上に設置しないといけないのかということですが、配管穴よりも本体を下に設置してしまうとドレン水が室内機から漏れてしまいます。室内機から出る水はドレンを通って外に排出されるのですが、配管穴よりも下に本体があると水が逆流してしまうのです。逆勾配のような状態になってしまいますから、きちんと排水できなくなるということですね。基本は穴よりも上に設置します。

サービススペースを確保

エアコンの室内機を取り付けるときには天井とのあいだにサービススペースを設ける必要があります。エアコンを天井にピッタリくっつける、もしくはギリギリに設置してしまうとメンテナンスや掃除ができないことや、何かと不都合になってしまいます。そのため、多くのエアコン製品において50mm以上のサービススペースの確保が推奨されています

なお、天井との隙間だけでなく両サイドにおいても50mm程度のサービススペースを確保することが推奨されていますから覚えておきましょう。製品によってやや異なるかもしれませんが、隙間が必要というのは同じ認識で問題ないでしょう。ピッタリくっつけてしまうとエアコンにも壁や天井にも負担を与えてしまいます。

設置する高さ

エアコンエアコンの据付高さですが、これも製品によってやや違ってきます。エアコンを購入すると取扱説明書や工事説明書などが付属してくると思いますから、据付高さについても記載されているはずです。基本はそこに記載されている高さに合わせることになるでしょう。目安としては床面から1.8~2.3メートルほどと言われています。とりあえずはこれを目安にしておけば問題ないでしょう。

取付高さを考えるのは大切なことですが、すでに配管の穴やコンセントの位置が決まっている場合はそれを基準として優先します。特に賃貸アパートやマンションなどに取り付ける場合だと新たに穴をあけるわけにもいかないでしょうし、既存の穴やコンセント位置に合わせて設置することになるでしょう。この場合は高さについてはあまり気にしなくていいと思います。

まとめ

エアコンを設置するときの高さについてお話しました。すでに自宅に設置しているエアコンがあれば確認してみてほしいのですが、おそらくどのエアコンも壁や天井からは少し離れていると思います。最低でも50mmくらいの隙間はできているでしょうから、それと同じくらいの隙間さえ確保できていれば問題ありません。自分で設置する自信がないのなら素直に専門業者に取り付け依頼したほうが良いですよ。