Pocket

エアコンを設置する際には場所をどこにするかで悩む方が多いでしょう。一般的には窓の上に設置をするというケースが多いです。これはさまざまな理由からエアコンを設置する場所として窓の上がふさわしいと考えられているからです。ただし、窓の上に設置するのに障害が出てしまうケースもあります。必ずしもすべての住まいで窓の上にスムーズにエアコンを設置できるわけではないのです。

こちらではこれから窓の上にエアコンを設置したい方のための情報を提供しましょう。窓の上に設置するのがどうして良いのか、窓の上に設置する際に注意するべき点についても説明します。こちらを参考にして窓の上にエアコン取り付けを検討してみましょう。

窓の上が良い理由

エアコン窓の近くにエアコンを設置するのは良いとされています。それは外気が窓から入り込んでくるからです。そのため、たとえば夏場には窓から熱気が部屋の中に入り込んでしまいます。そこで窓の近くにエアコンが設置されていると、その熱気を吸い込んで冷気にしてくれるでしょう。エアコンというのは周囲にある空気を取り込んで、それを涼しい空気に変えることができるからです。窓の上に設置しておけば、エアコンが起動している間は部屋の温度が熱気によって上昇するのを防ぐことができるでしょう。

また、エアコンは部屋の短辺の部分に設置すると良いとされています。長方形の部屋であれば、短辺の真ん中に設置することによって、より広範囲に風を送ることができるからです。そのため、短辺の窓の上の真ん中部分に設置するのが、一番良いといえるでしょう。

窓の上のスペースについて

窓の上の空間にエアコンを設置することにはいろいろなメリットがあります。しかし、必ずしも窓の上にエアコンが設置できるとは限りません。エアコンを設置できる環境には条件があるからです。まず、周囲に5cm以上の隙間があいていなければいけません。そのような空間でなければエアコンを設置できないのです。エアコンは周囲の空気を取り入れることによって初めて機能します。そのためには周囲に空気の流れが生じるためのスペースが必要となります。

最近の住まいは窓が大きくなっている傾向があります。窓が大きくなるということは、窓の上と天井の間のスペースが狭くなっているということです。たとえば40cmのスペースしかあいていないこともあります。これではコンパクトなサイズのエアコンしか設置することができないでしょう。最新のエアコンの中にはそのような小さなサイズのものも存在しているのですが、価格が高くなっていることが多いため注意しましょう。

カーテンレールに注意する

エアコンを窓の上に設置する際にはカーテンレールの干渉に気をつけてください。窓にはカーテンレールがついており、そこにカーテンを設置することになるでしょう。下にカーテンレールがあることによって、上手くエアコンからの風が部屋に行き渡らなくなってしまうことがあるのです。これではエアコンの効率がとても悪くなってしまうでしょう。

これを避けるためには、たとえばカーテンレールを低い位置に設置できるようにしたり、エアコンの位置を高めにしたりするという対処ができるでしょう。最近のエアコンというのは吹き出し口が本体の下側についていて、それが開くようになっているものが増えています。これだとエアコンの下部にあるものによって干渉してしまいやすくなるのです。窓の上に設置する際にはカーテンレールが一番の障害となりやすいため、この点は注意しておきましょう

もし新築の家を建てるつもりならば、窓の上とカーテンレール、エアコンの位置関係について意識しておきましょう。エアコンを設置することを考慮に入れて設計してもらうべきです。