Pocket

エアコン取り付けをするならば、注意点を守ることが大切です。さまざまなトラブルが起きてしまう可能性があります。失敗してしまえばエアコンがきちんと機能してくれないかもしれません。取り付けの際にミスがあったり、不十分な部分があったりすれば、そのあとにエアコンを利用する際にすぐに故障してしまう可能性もあるでしょう。業者とのトラブルの可能性もあるのです。

こちらではこのような失敗を防ぐために、エアコン取り付けの際の注意点についていくつかまとめました。こちらを参考にすることによって、エアコン取り付けで失敗するのを防ぐことができるでしょう。どのような点に気をつけておくべきなのかを教えましょう。ぜひとも参考にして、トラブルを回避してください。

真空引きを確認する

エアコン取り付けの工事にはさまざまな作業が含まれているのですが、その中でも重要なものとして真空引きというものがあります。こちらはポンプを使用することによって、配管の中を真空状態にするというものです。こちらをしっかりとやっておかないとエアコンはきちんと動作しなくなってしまいます。不純物が配管の中に混入することによって、故障の原因となってしまうこともあるのです。

まともな業者であればきちんと真空引きを行うでしょう。しかし、手抜き工事をされてしまうと真空引きをしないこともあります。工事は基本的に立ち会うことになるため、その際には真空引きについてチェックしておきましょう。

設置場所について

設置場所エアコンは設置場所にこだわるべきです。ただなんとなくで決めるべきではありません。まず基本的には部屋の短辺に設置するべきです。そうすることによって、部屋全体にしっかりとエアコンからの風を送ることができるのです。長方形の部屋であれば短辺に設置することによって、できるだけ部屋の広範囲に風を送ることができるのです。また、正方形の場合には壁の中心に設置するとよいでしょう。窓のそばに設置することも大切です。風をさえぎらないようにすることも大切です。

また、室内機だけではなくて室外機をどこに設置するのかも重要です。風通しは重視しましょう。風がどんどん通らなければエアコンの効率がとても悪くなってしまいます。また、直射日光の影響を防ぐことも重要です。日陰に設置しておきましょう。日光が当たってしまうと冷却機能が低下してしまうのです。騒音にも気をつけましょう。意外と大きな音や振動が生じてしまうため、それが近所迷惑にならないような場所を選びましょう。

オプション工事について

エアコン取り付けの工事では標準工事の内容だけでは不十分なためにオプション工事をつけなければいけないケースがよくあります。こうなると余計に工事費用がかかってしまうでしょう。たとえば、コンセントを増設しなければいけなかったり、配管パイプを延長しなければいけなかったりするケースもあります。標準工事では設置することができない場合に追加工事が発生してしまうのです。現場で初めて追加の工事が必要だとわかるケースも少なくないため注意しましょう

最初に相談をする際にはできるだけ自宅の状況を説明しておきましょう。これからエアコンを設置してもらいたい部分について、どのような環境になっているのかを教えておくのです。そうすればどのような工事が必要なのかを正確に判断してくれるでしょう。そうすればより正確な見積もりをもらうことができるのです。業者によっては、見積もりをしてもらう段階で自宅まで出張してくれることもあります。プロの方にチェックしてもらえば、どのような工事が必要なのかをしっかりと考えてもらうことができるでしょう。そうすれば、最初からどんな工事が必要なのかをはっきりと教えてもらえます。