Pocket

賃貸物件で生活をしている方は多いものですが、その生活にエアコンは欠かせません。最初からエアコンの設置されている賃貸物件も多いのですが、まだ設置されていない場合もあるのです。さらに、すべての部屋にエアコンが設置されているとは限りませんので、新たにエアコン取り付けを考える方もいることでしょう。しかし、賃貸物件は自分の家ではありませんので、自由に取り付けることは出来ません。大家さんや管理会社に許可を得なければエアコン取り付けは出来ないのです。これによってトラブルが発生することもありますので、必ず確認を取るようにしましょう。こちらでは賃貸物件のエアコン取り付けについて解説いたします。これによって大家さんや管理会社とのトラブルを避けることが出来ます。

大家さんと管理会社に許可をもらう

賃貸物件でありながらエアコン取り付けを考えているのであれば、まず大家さんと管理会社に取り付けの許可をもらいましょう。エアコンはテレビなどの家電製品と異なり、取り付けにはビスなどを使用するので壁に傷をつけてしまうのです。そのため、大家さんや管理会社に許可をもらわずにエアコンを取り付けてしまうと、そこでトラブルが発生してしまうのです

さらに、エアコンの設置に壁にパイプを通す穴が必要になりますが、部屋の壁に穴があいていない場合は特に注意が必要です。この穴がなければエアコンの取り付けが出来ませんので、必ず大家さんと管理会社に許可をもらってください。そして、穴のサイズや穴の位置まで確認をしておきましょう。勝手に工事を始めてはいけません。

退去時のことも考えておくこと

大家さんと管理会社から許可をもらうことでエアコンの取り付けが出来ますが、それで終わりではありません。賃貸物件はいずれ退去しなければなりませんが、退去時に修繕する必要があるのです。これには修繕費用が発生しますので注意しましょう。エアコン取り付けをすることで壁のビス穴やパイプを通す穴などの傷がありますので、これらを修繕してください。エアコン取り付け工事の際に修繕費用についても確認しておきましょう。

この修繕費用は自費となり、この修繕を原状回復と呼びます。しかし、法律では「通常の使用を超えるような使用」に対して原状回復が求められますが、この解釈は大家さんや管理会社によって解釈が異なるのです。そのため、場合によっては修繕費用が発生しないこともありますので、エアコン取り付け工事の前に修繕について確認しましょう。

エアコン取り付け費用について

エアコンの取り付けには工事費用が発生してしまいますが、これは必ずしも自費というわけではありません。場合によってはエアコンの取り付け費用を大家さんや管理会社が負担してくれることもあるのです

費用具体的には賃貸借契約書の中に「契約期間中の修繕」と「エアコン設備」の記載がある場合です。「契約期間中の修繕」とは大家さんと管理会社がメンテナンスを行う義務を意味しています。そして、「エアコン設備」とは部屋にエアコンが設置されていることを意味しているのです。エアコンの取り付け費用は高額になることもありますので、まずは賃貸借契約書を確認しましょう。そして、大家さんや管理会社に相談をしてください。これによって取り付け費用の節約が出来るのです。

まとめ

エアコンは私たちの生活に欠かせませんが、賃貸物件によってはエアコンが無いこともあります。エアコンを新規で取り付けるにはビス穴やパイプを通す穴が必要なので、壁に傷をつけてしまうのです。そのため、必ず事前に大家さんや管理会社に確認をしておきましょう。さらに、退去時に修繕費用がかかることもありますので、そちらの確認もしてください。