エアコン取り付け一括見積もりサイトを利用する注意点

エアコン取り付け時に気をつけることについてお伝えします

Author: admin

高さは意外に重要!?エアコン取り付けの高さについて

Pocket

DIYが趣味という方だと自宅のリフォームなども自分で行っているでしょうし、エアコン取り付けにチャレンジしているという方もおられるのではないでしょうか。エアコン取り付けはそこまで難しいことではありませんから、専用のツールがあればあとはちょっとした知識で取り付けが可能です。

エアコンを取り付けるうえではいろいろな注意点もあるのですが、その一つに設置するときの高さが挙げられます。あまり高さには気を向けたことがなかった、という方もおられるでしょうが、高さ一つでエアコンの効きが左右されることもありますから注意が必要です。ここではエアコンを取り付ける際の高さという部分に焦点を当てたお話をしましょう。

基本は配管穴よりも上に設置

壁かけタイプのエアコンを設置するときには壁から配管を抜く必要があります。室内機と室外機を専用の配管で繋ぐ必要がありますから、そのためには壁に穴をあけてそこから配管を通す必要があるのです。エアコンの本体、室内機を設置するときにはこの配管要の穴よりも上になるよう設置することが基本となりますから覚えておきましょう

どうして配管穴よりも上に設置しないといけないのかということですが、配管穴よりも本体を下に設置してしまうとドレン水が室内機から漏れてしまいます。室内機から出る水はドレンを通って外に排出されるのですが、配管穴よりも下に本体があると水が逆流してしまうのです。逆勾配のような状態になってしまいますから、きちんと排水できなくなるということですね。基本は穴よりも上に設置します。

サービススペースを確保

エアコンの室内機を取り付けるときには天井とのあいだにサービススペースを設ける必要があります。エアコンを天井にピッタリくっつける、もしくはギリギリに設置してしまうとメンテナンスや掃除ができないことや、何かと不都合になってしまいます。そのため、多くのエアコン製品において50mm以上のサービススペースの確保が推奨されています

なお、天井との隙間だけでなく両サイドにおいても50mm程度のサービススペースを確保することが推奨されていますから覚えておきましょう。製品によってやや異なるかもしれませんが、隙間が必要というのは同じ認識で問題ないでしょう。ピッタリくっつけてしまうとエアコンにも壁や天井にも負担を与えてしまいます。

設置する高さ

エアコンエアコンの据付高さですが、これも製品によってやや違ってきます。エアコンを購入すると取扱説明書や工事説明書などが付属してくると思いますから、据付高さについても記載されているはずです。基本はそこに記載されている高さに合わせることになるでしょう。目安としては床面から1.8~2.3メートルほどと言われています。とりあえずはこれを目安にしておけば問題ないでしょう。

取付高さを考えるのは大切なことですが、すでに配管の穴やコンセントの位置が決まっている場合はそれを基準として優先します。特に賃貸アパートやマンションなどに取り付ける場合だと新たに穴をあけるわけにもいかないでしょうし、既存の穴やコンセント位置に合わせて設置することになるでしょう。この場合は高さについてはあまり気にしなくていいと思います。

まとめ

エアコンを設置するときの高さについてお話しました。すでに自宅に設置しているエアコンがあれば確認してみてほしいのですが、おそらくどのエアコンも壁や天井からは少し離れていると思います。最低でも50mmくらいの隙間はできているでしょうから、それと同じくらいの隙間さえ確保できていれば問題ありません。自分で設置する自信がないのなら素直に専門業者に取り付け依頼したほうが良いですよ。

安くなる!?エアコン取り付けに最適な時期とは?

Pocket

エアコンはいつ買えば安くなるのだろう、という疑問を持ったことがある方もおられるのではないでしょうか。最新タイプのエアコンだとそれなりの価格でしょうから、できることなら安く購入したいと考えるのは当然のことです。また、エアコン代はもちろんエアコン取り付けもできるだけ安くしたいと考えるのも普通ですよね。

ここでは、エアコン製品が安くなる時期、エアコン取り付けがお値打ちにできる時期などについてお話したいと思います。本当にそんな時期があるのか、と訝しく感じている方もおられるでしょうが、実際そうした時期はあります。知っているのと知らないのとでは大違いですから、ぜひここで覚えて帰ってくださいね。

エアコンが安い時期とは

エアコンエアコンが安くなる時期はモデルチェンジ前です。これはエアコンに限らず車などでもそうですよね。大幅なモデルチェンジが行われる前には既存モデルは安くなる傾向にありますから、そのタイミングを見逃さなければお得な価格でエアコン製品を購入できます。型落ちでも性能は最新とほとんど変わらないということもありますから魅力的ですね。

どうしてもモデルチェンジ前のエアコンが安くなるのかということですが、理由は単純で最新モデルが発売される前に古い型落ちモデルを売り切りたいと考えるからです。売り切るためには値下げも必要となりますし、実際モデルチェンジ前には大幅な値下げが行われることも多々あります。ルームエアコンを安く買うのならモデルチェンジ前が狙い目ですね。

取り付けが安い時期とは

エアコン取り付けが安い時期ですが、これは繁忙期以外となります。エアコン業者が忙しくなる時期、すなわち繁忙期はどうしても取り付けの工賃も高くなりがちです。新幹線や航空チケットも大型連休になると高くなりますよね。あれと同じで、エアコン取り付けにおいても夏場のような繁忙期はどうしても代金が高くなってしまうのです。

6~7月といった時期は一番業者が忙しい時期ですし、もっとも稼げる時期でもありますからここぞとばかりに価格も釣り上げています。普段より何割か増しで高くなっていることが多いですから、繁忙期に取り付け依頼することは得策ではありません。できることなら涼しい時期に取り付けしてもらったほうがお得に工事してもらえるでしょう。

計画的に設置すること

エアコンをお得に取り付けたいのなら時期を考慮することが大切です。行き当たりばったりではなく計画的にエアコンを導入すればお得になりますから、今からエアコン導入の時期について考えてみましょう。ちょうど繁忙期に突入していて涼しくなるまで待つことができない、という場合には仕方ありませんが、その場合でもできるだけ安く工事してもらえるよう努力することは必要です。

繁忙期でも普段とあまり変わらぬ価格で工事をしているような業者ももしかするといるかもしれませんから、インターネットを使って情報を集めてみましょう。また、気になる業者がいくつか見つかったら相見積もりをとって価格を比較してみるのも大切なことです。相見積もりすれば業者ごとの価格を比較できますし、その中でもっとも安い業者に依頼もできるでしょう。

まとめ

エアコンが安くなる、取り付けがお値打ちになる時期についてお話しました。時期を見極めることは大切ですが、業者選びも大切ですから時期だけに捉われるのはNGです。時期を考慮するのはとても大切なことですが、工事をお願いする業者の過去の実績、インターネット上の口コミなども精査してください。価格だけで決めてしまうと後悔してしまう羽目にもなりかねませんから、あらゆる視点から見て信頼できそうな業者を選んでくださいね。

窓の上にエアコン取り付けをする際のポイント

Pocket

エアコンを設置する際には場所をどこにするかで悩む方が多いでしょう。一般的には窓の上に設置をするというケースが多いです。これはさまざまな理由からエアコンを設置する場所として窓の上がふさわしいと考えられているからです。ただし、窓の上に設置するのに障害が出てしまうケースもあります。必ずしもすべての住まいで窓の上にスムーズにエアコンを設置できるわけではないのです。

こちらではこれから窓の上にエアコンを設置したい方のための情報を提供しましょう。窓の上に設置するのがどうして良いのか、窓の上に設置する際に注意するべき点についても説明します。こちらを参考にして窓の上にエアコン取り付けを検討してみましょう。

窓の上が良い理由

エアコン窓の近くにエアコンを設置するのは良いとされています。それは外気が窓から入り込んでくるからです。そのため、たとえば夏場には窓から熱気が部屋の中に入り込んでしまいます。そこで窓の近くにエアコンが設置されていると、その熱気を吸い込んで冷気にしてくれるでしょう。エアコンというのは周囲にある空気を取り込んで、それを涼しい空気に変えることができるからです。窓の上に設置しておけば、エアコンが起動している間は部屋の温度が熱気によって上昇するのを防ぐことができるでしょう。

また、エアコンは部屋の短辺の部分に設置すると良いとされています。長方形の部屋であれば、短辺の真ん中に設置することによって、より広範囲に風を送ることができるからです。そのため、短辺の窓の上の真ん中部分に設置するのが、一番良いといえるでしょう。

窓の上のスペースについて

窓の上の空間にエアコンを設置することにはいろいろなメリットがあります。しかし、必ずしも窓の上にエアコンが設置できるとは限りません。エアコンを設置できる環境には条件があるからです。まず、周囲に5cm以上の隙間があいていなければいけません。そのような空間でなければエアコンを設置できないのです。エアコンは周囲の空気を取り入れることによって初めて機能します。そのためには周囲に空気の流れが生じるためのスペースが必要となります。

最近の住まいは窓が大きくなっている傾向があります。窓が大きくなるということは、窓の上と天井の間のスペースが狭くなっているということです。たとえば40cmのスペースしかあいていないこともあります。これではコンパクトなサイズのエアコンしか設置することができないでしょう。最新のエアコンの中にはそのような小さなサイズのものも存在しているのですが、価格が高くなっていることが多いため注意しましょう。

カーテンレールに注意する

エアコンを窓の上に設置する際にはカーテンレールの干渉に気をつけてください。窓にはカーテンレールがついており、そこにカーテンを設置することになるでしょう。下にカーテンレールがあることによって、上手くエアコンからの風が部屋に行き渡らなくなってしまうことがあるのです。これではエアコンの効率がとても悪くなってしまうでしょう。

これを避けるためには、たとえばカーテンレールを低い位置に設置できるようにしたり、エアコンの位置を高めにしたりするという対処ができるでしょう。最近のエアコンというのは吹き出し口が本体の下側についていて、それが開くようになっているものが増えています。これだとエアコンの下部にあるものによって干渉してしまいやすくなるのです。窓の上に設置する際にはカーテンレールが一番の障害となりやすいため、この点は注意しておきましょう

もし新築の家を建てるつもりならば、窓の上とカーテンレール、エアコンの位置関係について意識しておきましょう。エアコンを設置することを考慮に入れて設計してもらうべきです。

エアコン取り付けにおいて注意点はあるのか

Pocket

エアコン取り付けをするならば、注意点を守ることが大切です。さまざまなトラブルが起きてしまう可能性があります。失敗してしまえばエアコンがきちんと機能してくれないかもしれません。取り付けの際にミスがあったり、不十分な部分があったりすれば、そのあとにエアコンを利用する際にすぐに故障してしまう可能性もあるでしょう。業者とのトラブルの可能性もあるのです。

こちらではこのような失敗を防ぐために、エアコン取り付けの際の注意点についていくつかまとめました。こちらを参考にすることによって、エアコン取り付けで失敗するのを防ぐことができるでしょう。どのような点に気をつけておくべきなのかを教えましょう。ぜひとも参考にして、トラブルを回避してください。

真空引きを確認する

エアコン取り付けの工事にはさまざまな作業が含まれているのですが、その中でも重要なものとして真空引きというものがあります。こちらはポンプを使用することによって、配管の中を真空状態にするというものです。こちらをしっかりとやっておかないとエアコンはきちんと動作しなくなってしまいます。不純物が配管の中に混入することによって、故障の原因となってしまうこともあるのです。

まともな業者であればきちんと真空引きを行うでしょう。しかし、手抜き工事をされてしまうと真空引きをしないこともあります。工事は基本的に立ち会うことになるため、その際には真空引きについてチェックしておきましょう。

設置場所について

設置場所エアコンは設置場所にこだわるべきです。ただなんとなくで決めるべきではありません。まず基本的には部屋の短辺に設置するべきです。そうすることによって、部屋全体にしっかりとエアコンからの風を送ることができるのです。長方形の部屋であれば短辺に設置することによって、できるだけ部屋の広範囲に風を送ることができるのです。また、正方形の場合には壁の中心に設置するとよいでしょう。窓のそばに設置することも大切です。風をさえぎらないようにすることも大切です。

また、室内機だけではなくて室外機をどこに設置するのかも重要です。風通しは重視しましょう。風がどんどん通らなければエアコンの効率がとても悪くなってしまいます。また、直射日光の影響を防ぐことも重要です。日陰に設置しておきましょう。日光が当たってしまうと冷却機能が低下してしまうのです。騒音にも気をつけましょう。意外と大きな音や振動が生じてしまうため、それが近所迷惑にならないような場所を選びましょう。

オプション工事について

エアコン取り付けの工事では標準工事の内容だけでは不十分なためにオプション工事をつけなければいけないケースがよくあります。こうなると余計に工事費用がかかってしまうでしょう。たとえば、コンセントを増設しなければいけなかったり、配管パイプを延長しなければいけなかったりするケースもあります。標準工事では設置することができない場合に追加工事が発生してしまうのです。現場で初めて追加の工事が必要だとわかるケースも少なくないため注意しましょう

最初に相談をする際にはできるだけ自宅の状況を説明しておきましょう。これからエアコンを設置してもらいたい部分について、どのような環境になっているのかを教えておくのです。そうすればどのような工事が必要なのかを正確に判断してくれるでしょう。そうすればより正確な見積もりをもらうことができるのです。業者によっては、見積もりをしてもらう段階で自宅まで出張してくれることもあります。プロの方にチェックしてもらえば、どのような工事が必要なのかをしっかりと考えてもらうことができるでしょう。そうすれば、最初からどんな工事が必要なのかをはっきりと教えてもらえます。

賃貸物件のエアコン取り付け

Pocket

賃貸物件で生活をしている方は多いものですが、その生活にエアコンは欠かせません。最初からエアコンの設置されている賃貸物件も多いのですが、まだ設置されていない場合もあるのです。さらに、すべての部屋にエアコンが設置されているとは限りませんので、新たにエアコン取り付けを考える方もいることでしょう。しかし、賃貸物件は自分の家ではありませんので、自由に取り付けることは出来ません。大家さんや管理会社に許可を得なければエアコン取り付けは出来ないのです。これによってトラブルが発生することもありますので、必ず確認を取るようにしましょう。こちらでは賃貸物件のエアコン取り付けについて解説いたします。これによって大家さんや管理会社とのトラブルを避けることが出来ます。

大家さんと管理会社に許可をもらう

賃貸物件でありながらエアコン取り付けを考えているのであれば、まず大家さんと管理会社に取り付けの許可をもらいましょう。エアコンはテレビなどの家電製品と異なり、取り付けにはビスなどを使用するので壁に傷をつけてしまうのです。そのため、大家さんや管理会社に許可をもらわずにエアコンを取り付けてしまうと、そこでトラブルが発生してしまうのです

さらに、エアコンの設置に壁にパイプを通す穴が必要になりますが、部屋の壁に穴があいていない場合は特に注意が必要です。この穴がなければエアコンの取り付けが出来ませんので、必ず大家さんと管理会社に許可をもらってください。そして、穴のサイズや穴の位置まで確認をしておきましょう。勝手に工事を始めてはいけません。

退去時のことも考えておくこと

大家さんと管理会社から許可をもらうことでエアコンの取り付けが出来ますが、それで終わりではありません。賃貸物件はいずれ退去しなければなりませんが、退去時に修繕する必要があるのです。これには修繕費用が発生しますので注意しましょう。エアコン取り付けをすることで壁のビス穴やパイプを通す穴などの傷がありますので、これらを修繕してください。エアコン取り付け工事の際に修繕費用についても確認しておきましょう。

この修繕費用は自費となり、この修繕を原状回復と呼びます。しかし、法律では「通常の使用を超えるような使用」に対して原状回復が求められますが、この解釈は大家さんや管理会社によって解釈が異なるのです。そのため、場合によっては修繕費用が発生しないこともありますので、エアコン取り付け工事の前に修繕について確認しましょう。

エアコン取り付け費用について

エアコンの取り付けには工事費用が発生してしまいますが、これは必ずしも自費というわけではありません。場合によってはエアコンの取り付け費用を大家さんや管理会社が負担してくれることもあるのです

費用具体的には賃貸借契約書の中に「契約期間中の修繕」と「エアコン設備」の記載がある場合です。「契約期間中の修繕」とは大家さんと管理会社がメンテナンスを行う義務を意味しています。そして、「エアコン設備」とは部屋にエアコンが設置されていることを意味しているのです。エアコンの取り付け費用は高額になることもありますので、まずは賃貸借契約書を確認しましょう。そして、大家さんや管理会社に相談をしてください。これによって取り付け費用の節約が出来るのです。

まとめ

エアコンは私たちの生活に欠かせませんが、賃貸物件によってはエアコンが無いこともあります。エアコンを新規で取り付けるにはビス穴やパイプを通す穴が必要なので、壁に傷をつけてしまうのです。そのため、必ず事前に大家さんや管理会社に確認をしておきましょう。さらに、退去時に修繕費用がかかることもありますので、そちらの確認もしてください。

エアコン取り付けで立ち会いに必要な時間はどれぐらいか

Pocket

エアコン取り付け工事は、立ち会いで工事をしていくことになります。工事を依頼した側としても、立ち会うことによって、安心して工事をしてもらうことができるようになるでしょう。工事をする側からしても、何かあれば、その場で確認を取ることが可能です。追加料金が発生してしまうような場合でも、その場にいてもらえれば、決済までスムーズに進めることができるようになります。工事の内容の説明といった基礎的なことの問題もなくなりますし、トラブルを未然に防ぐこともできるようになるでしょう。

どんなことでも、時間は無限にあるわけではありません。エアコン取り付け工事が重要であっても、さまざまな用事も絡んでくるものです。特に平日ともなれば、仕事の都合をつけて立ち会いに臨むことも必要になってきます。そこで重要になってくるのは、いったいどれぐらいの時間がかかるのかというところです。予測がつけば、時間を有効に使っていけるようになるでしょう。

標準取り付け工事の時間

時間エアコン取り付け工事の場合、標準取り付け工事であれば、そこまでの時間がかかるわけではありません。電源などもそのまま使うことができれば、本体である室内機の取り付け、室外機の搬入と配管の接続などをすることになり、機種によっても違いがあるものの1時間から2時間半程度で終了します。壁に配管を通すスリーブを開けるとしても、そこまでの時間は必要がありません。最終的に専用回路へ接続し、電源からアース端子に接続したのちに動作確認をします。ここまでの作業が標準取り付け工事です。ただし、すべて決まっていることではないため、業者によって内容に違いもあります。

エアコン取り付け工事の場合には、取り付けるだけではなく、先に取り外さなければいけないこともあります。交換する場合には、もともとついているエアコンを取り外して入れ替えていくことになりますが、作業時間はその分だけ長くなるでしょう。取り外しをする場合には、一般的な内容であれば30分程度で終了します。あまりトラブルが発生するようなものではありませんが、それでも1時間あれば終わるものです。

オプションは内容によって

どこでも標準取り付け工事でエアコン取り付けが終わるというわけではありません。オプション工事が必要になることも出てきます。特に交換するときなどは、室内機の大きさが変わってしまったりすることで配線や配管が見えてしまうことから化粧カバーの設置を考えることもあるでしょう。専用回路を設置しなければエアコン取り付けができない場合も出てきます

エアコン取り付けにはいろいろなものがありますが、壁が特殊な場合には、穴を開けるのにも時間がかかることがあります。コンクリートの場合には、ダイヤモンドコアで削孔しなければいけないことが出てくるでしょう。機材の持ち込みからセット、周辺の養生などでも時間がかかります。電源工事をする場合には、コンセントやブレーカーの交換といったことも必要になり、場所によっては時間が必要になるでしょう。

化粧カバーは、仕上がりが重要になってくるため、時間をかけて処理をすることも出てきます。手間をかけて配線や配管をわからなくするためには、かなりの時間が必要です。隠蔽配管も同様に手間がかかるオプションであり、時間的には1日かかってしまうことも出てきます。特殊なオプションほど時間を掛けておこなっていくため、打ち合わせの段階で立ち会いにどれぐらい時間を割くことになるのか確認しておくといいでしょう。オプションの内容から、ある程度の時間の予測ができるようになりますので、時間的な用意もできるようになるはずです。他にもトラブルが発生して時間がかかることも出てきますので、余裕を持たせておけば安全でしょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén