Pocket

エアコン取り付け工事は、立ち会いで工事をしていくことになります。工事を依頼した側としても、立ち会うことによって、安心して工事をしてもらうことができるようになるでしょう。工事をする側からしても、何かあれば、その場で確認を取ることが可能です。追加料金が発生してしまうような場合でも、その場にいてもらえれば、決済までスムーズに進めることができるようになります。工事の内容の説明といった基礎的なことの問題もなくなりますし、トラブルを未然に防ぐこともできるようになるでしょう。

どんなことでも、時間は無限にあるわけではありません。エアコン取り付け工事が重要であっても、さまざまな用事も絡んでくるものです。特に平日ともなれば、仕事の都合をつけて立ち会いに臨むことも必要になってきます。そこで重要になってくるのは、いったいどれぐらいの時間がかかるのかというところです。予測がつけば、時間を有効に使っていけるようになるでしょう。

標準取り付け工事の時間

時間エアコン取り付け工事の場合、標準取り付け工事であれば、そこまでの時間がかかるわけではありません。電源などもそのまま使うことができれば、本体である室内機の取り付け、室外機の搬入と配管の接続などをすることになり、機種によっても違いがあるものの1時間から2時間半程度で終了します。壁に配管を通すスリーブを開けるとしても、そこまでの時間は必要がありません。最終的に専用回路へ接続し、電源からアース端子に接続したのちに動作確認をします。ここまでの作業が標準取り付け工事です。ただし、すべて決まっていることではないため、業者によって内容に違いもあります。

エアコン取り付け工事の場合には、取り付けるだけではなく、先に取り外さなければいけないこともあります。交換する場合には、もともとついているエアコンを取り外して入れ替えていくことになりますが、作業時間はその分だけ長くなるでしょう。取り外しをする場合には、一般的な内容であれば30分程度で終了します。あまりトラブルが発生するようなものではありませんが、それでも1時間あれば終わるものです。

オプションは内容によって

どこでも標準取り付け工事でエアコン取り付けが終わるというわけではありません。オプション工事が必要になることも出てきます。特に交換するときなどは、室内機の大きさが変わってしまったりすることで配線や配管が見えてしまうことから化粧カバーの設置を考えることもあるでしょう。専用回路を設置しなければエアコン取り付けができない場合も出てきます

エアコン取り付けにはいろいろなものがありますが、壁が特殊な場合には、穴を開けるのにも時間がかかることがあります。コンクリートの場合には、ダイヤモンドコアで削孔しなければいけないことが出てくるでしょう。機材の持ち込みからセット、周辺の養生などでも時間がかかります。電源工事をする場合には、コンセントやブレーカーの交換といったことも必要になり、場所によっては時間が必要になるでしょう。

化粧カバーは、仕上がりが重要になってくるため、時間をかけて処理をすることも出てきます。手間をかけて配線や配管をわからなくするためには、かなりの時間が必要です。隠蔽配管も同様に手間がかかるオプションであり、時間的には1日かかってしまうことも出てきます。特殊なオプションほど時間を掛けておこなっていくため、打ち合わせの段階で立ち会いにどれぐらい時間を割くことになるのか確認しておくといいでしょう。オプションの内容から、ある程度の時間の予測ができるようになりますので、時間的な用意もできるようになるはずです。他にもトラブルが発生して時間がかかることも出てきますので、余裕を持たせておけば安全でしょう。