Pocket

家を引っ越す場合には元々使っていたエアコンをこれからも継続して使うのか、引っ越し機に新しい物に買い替えるのかの2択となるでしょう。これのどちらであったとしても、自分でエアコンを取り付けることが難しい場合にはエアコン取り付け業者を利用することになります。

エアコンエアコンの取り付けを取り付け専門の業者にしてもらうと決まったら次は問い合わせて、取り付けるのにどのくらいの費用が必要になるのかを想定する見積もりを行うことになるでしょう。この際に依頼する方の中には、エアコンの取り付けにかかる費用はすべて同じような額だろうと考える方もいます。

しかしかかる費用はこれからエアコンを取り付ける予定の場所の状態や、どんな流れでの取り付けになるのかによって、費用が大きく分かれます。例えばこれから先述したように、引っ越し先に今まで使っていたエアコンを取り付けてももらいたいのであれば取り付けることだけではなく、そのエアコンを運ぶことも考えておかねばなりません。

見積もりで確認すべき項目

エアコンの取り付けをすると決まれば、まずはエアコン取り付けにかかる見積もりをしなくてはなりません。初めてエアコン取り付け業者を利用するという方は、見積もりの際にどのような点を確認するべきなのかご存知ない方も少なくありません。この時には大まかな費用の項目だけではなく、細かなところにも注目して見積もりをしていきましょう。

項目もエアコンを取り付ける場合の自宅の状態によって、大きく異なります。例えば引っ越しをして元の自宅からエアコンを新居で使用したい場合には、エアコンは取り付け業者に付けてもらえます。しかし元々住んでいた住居から使っていたエアコンを新居まで、自分で運ぶ必要があるのです。したがってエアコンの移設を考える際には、この使っていたエアコンを運ぶことも考えておかねばならないでしょう。

エアコン取り付け業者の中には、エアコンの移設を承っているところも多いです。したがって料金はかかりますが、使っていたエアコンを運搬してもらうことは可能であると言えるでしょう。もしもこのサービスを使うのであれば事前にきちんと業者に運搬してもらえるのかどうか、運ぶのにいくらかかるのか聞いておく必要があります。聞いたのちに、この点を含めて見積もりをしてもらうようにしましょう。

一括見積もりのメリット

見積もりをする際に、最初にと問い合わせた業者にすぐ決めてしまう方も少なくありません。ところが、この方法は料金を安く抑えたいという方にとって損をしている可能性が高いかもしれません。エアコンの取り付けを1社の見積もりで決めた場合、後から他の業者の見積額の方が安かったという話をよく耳にします。このように、後からこちらの方が安かったと考えてしまう方には一括見積もりすることをおすすめします。

やはり、安い費用でエアコンの取り付けをしてもらえる業者を探すのにあたって、複数の業者の見積料金を知ることが欠かせないでしょう。そのために、ネットから申し込みが可能な一括見積もりを利用するという方も多いです。では使う前にどんなメリットがあるのか見てみましょう。

一括見積もりとは何か簡単に説明します。一般的に見積もりをする際には依頼した業者がエアコン取り付けの流れの中で見積もりを出すものです。しかし一括見積もりは自分で各業者に連絡せずともそのサービスを利用すれば、他の複数業者での見積もりが可能になります。見積もりをしてもらうまでの流れとしては、まず一括見積もりサービスに必要事項を記入して送信します。そこから見積もりサービスを行う側が記載された情報をもとに各社の見積もりを出したものを教えるという流れになります。一括見積もりのメリットは自分で見積もりの依頼をしなくて済むので、手間がかからないのが最大のメリットだと言えるでしょう。

見積もりで気を付けること

一括見積もりは一見、簡単に複数社に見積もりができるため、手軽に利用できると思うものです。しかし、依頼するサービスによっては情報が渡り、各社から営業の電話がかかってくる可能性があります。かなりの社数の見積もりを依頼している場合には複数社からの電話を覚悟しておいた方が良いでしょう。

なぜ、このように見積もりを依頼した各社から連絡が来るのかというと、それは少しでも利用してもらいたいからの一心からであると言えます。とは言え中には1度断ったのにも関わらず、再びしつこくかけてくる業者もいるので、気を付けておかねばなりません。

あまりにも多数のエアコン取り付け業者から連絡があると、対応がするのが大変です。例えば開始勤めの方であれば1日中電話対応することは極めて困難であるため、見積もりを依頼する業者が多すぎるのは対応に追われてきつい状況になる可能性があります。したがって、複数社電話が大変だと感じる方は見積もりをする社数を10社くらいにとどめておくのが良いのではないでしょうか。

一括見積もりは複数社からの電話対応に追われる可能性があるというデメリットはありますが、やはり一度に複数のエアコン取り付け業者での見積もりを知ることができるというのはかかる費用を抑えたい方にとっては助かる方法となるでしょう。

まとめ

効率よく見積もりをする際にはどのような目的に沿ってエアコンを取り付けようとしているのかに加えて、見積もりの仕方に工夫をする必要があるでしょう。どのような目的でエアコンを取り付けようとしているのかについては、引っ越し時のエアコンの移設が例として挙げられるでしょう。エアコンの移設をする場合には、エアコンを希望の位置に取り付けることにも、もちろん費用がかかります。

しかし、それだけではなく取り付け予定のエアコンを引っ越し先まで取り外して運搬する費用に関しても考える必要があります。ここは自分で運ぶという方法があります。とは言え、エアコンを元の自宅から新居に付けたいと希望する方が、業者にエアコンの運搬を頼む例も少なく在りません。したがって、自分での取り外しや運搬が難しい方は業者に問い合わせて頼めるのであれば頼むのが良いでしょう。

これを頼むのであれば見積もりの際にこのことを伝えて、取り外しと運搬を含めて見積もってもらいましょう。また、エアコンの取り付けにかかる費用はできるだけ抑えたいものです。そのためにもいろんな業者の見積もりを見比べながら決められる一括見積もりの効率が良いでしょう。とは言え、一括見積もりをする際には、依頼する業者が多すぎると、対応に追われる可能性もあるので、多くとも10社を目安に見積もってもらいましょう。